ふるさと納税でウィンウィン活動~地域貢献プロジェクト~

オフィスレディ

魅力的な納税とは

サラリーマン

節税効果があるとして人気のふるさと納税は、各自治体に納税することで特産品を貰うことが出来ます。納税する金額の相場は5,000円から20,000円で、各自治体によって異なるので負担なく利用することが出来ます。

メディアで話題の納税

景色

メディアでも注目されているふるさと納税は、自分の出身地でい自治体でも自由に納税することが出来ます。環境や難病治療、地域活動などの費用となるので、互いにメリットのある取り組みになっています。

納税で地域に貢献

オペレーター

ふるさと納税とは各自治体に貢献する活動であり、納めることで各地域の特産品を受け取ることが出来ます。そのため近年人気が急増し、知名度もどんどん広がりつつあります。

寄附で得られメリット

平均的な価格や相場について

お金

所得税を計算する際には、いくつかの段階を経て税額が計算されます。まず収入を集計します。そして収入から経費を差し引くことで所得を計算します。さらにここから社会保険料や扶養控除や配偶者控除などの人的控除を含めた所得控除を引くことで課税所得を求めることができます。そして課税所得に税率を乗じることで税額を求めることができます。最後に、住宅取得控除などの税額控除を引くことで最終的な所得税を求めることができます。これらの計算過程で税額を減らす効果のある支出のひとつにふるさと納税という制度があります。ふるさと納税を利用するためには地方自治体へ寄付を行う必要があります。寄付額はいくらから対象かというと、おおむね5000円以上からという地方が多くなっています。

ふるさと納税の特徴について

ふるさと納税の大きな特徴のひとつとして、その寄付を行った地方自治体の名産品などを受け取ることができるという点です。この名産品は、各地方自治体によってそれぞれ送られてくる品物は異なります。また寄付の金額によっても送られてくる品物は異なります。さらにふるさと納税の特徴として、控除額が他の寄付金控除などに比べると大きいという点です。ふるさと納税は、税法でいうところの寄附金控除の1種です。したがって他にも寄付を行った場合にこの寄附金控除の対象となるものがあります。その中でふるさと納税は他の寄附金控除の対象となるものと比べると、より大きな控除額が取れるようになっています。上記の2つの理由もあって、現在ふるさと納税の利用が増えてきています。

航空会社のシステムもある

ふるさと納税は日本全国各地で行われています。上記にあるように地方自治体によって取り組みなどが違っていますので、事前にどんな取り組みが行われているか確認しておくと良いでしょう。また、最近だと格安航空会社が行なっているふるさと納税システムが注目されています。よく旅行に行く地域に納税をすることによって、お得に旅行ができるようになっているのです。ふるさと納税で地方の特産物をゲット出来るだけでなく、旅行の面でもとてもお得になるとは嬉しいふるさと納税システムです。格安航空会社のふるさと納税システムも地方自治体のふるさと納税システムと同じように、ネットで取り組みの情報を確認する事ができるようになっています。しっかりシステムの内容を理解して、有効活用してみるおt良いでしょう。